専業主婦のカードローンで限度額はいくらまで

カードローンは使い道も特に制限されませんし、計画がはっきりなくても借りることが出来るのでとても便利です。


事業資金以外はほとんど何にでも使えますし、その使い道を一々報告する必要もありません。
ただ保証人も担保も無く借りられる為にはその返済が出来るだけの収入がある事が必要になってきます。
では専業主婦が申し込む場合はどうなのでしょうか。
実は専業だと借りる事が出来ないと言うのが原則です。
当然ですが生活費やレジャー費に使う借入ですからそれを返済する事が出来ない人には貸してくれません。
しかし実際には借りる方法があります。
自分名義でなくても実際には家族には収入があるはずです。
つまり配偶者の人があればいいのです。
夫がいれば借入が出来ます。
しかも夫は保証人ではありませんので、夫の証明書などの書類は必要ありませんし、夫の勤務先に在籍確認の電話が入ることもありません。
ただしどこのカードローンでも良いと言うわけにはいきません。
一般的な消費者金融では貸金業法の総量規制があるために年収の3分の1までしか利用できませんので、専業主婦などは利用できません。
必ず銀行で申し込む必要があります。


また借りることの出来る上限限度額は、一般的に10万円から50万円までです。
50万円までの範囲であれば必要に応じて増額することも可能です。
審査は既にあるローンの残高などによります。
最初は少なくても問題なく利用を続けていれば限度額を増やすことは可能ですが、それにはやはり1年程度の利用が必要となります。
また銀行カードローンならどこでも基本的には利用できますが、やはり積極的に融資を行っているところとそうでないところで審査に差がありますから、主婦向けのプランを用意して宣伝しているようなところがおすすめだと言えるでしょう。
また後から追加で他社へ申し込んでも総額での限度額は増えませんので最初に将来的に長く利用することを前提に慎重に選んで申し込むのが重要だと言えるでしょう。